妻を役員として登録

会社設立の際に妻を役員として登録するメリット

会社設立をする場合には綿密な計画を行う必要があります。事業計画をしっかりと立てて必要な資金を決め、発行株式数を決めて出資者を募るのが株式会社設立をするための一般的な手順です。

必要以上の資金を集めてしったとしてもそれを運用して利益として還元しなければ出資者に期待に添うことはできません。今必要とされている資金がどれだけであり、それを得るためにはどれくらいの価格の株式をどれくらいの数で売るのかについては慎重な議論が必要になるのです。株式会社設立時にはこの様な問題と向き合うことが求められます。

また出資はとして自分の妻を役員として登録するというのも良く行われる手法です。ベンチャー企業など第三者のバックアップを大きく受けて事業を行っているケースもあれば、個人事業主の延長の様な形で自己資金だけで事業資金を工面している場合などでは状況にも置きな違いが生じてきます。

その場合に妻が出資者として名前を連ねていることは会社設立後の調整がしやすいということを意味しています。役員として名前を連ねていることで役員報酬を得る権利がありますし、保有している株式に応じて配当を得ることも出来ます。

起業により得ることのできる収入の調整に妻という存在が活用されることは珍しくありません。

会社設立時の事業計画が通用するのは長く見込んでも数年であると言えるでしょう。その間に世界情勢は変わり、事業を取り巻く環境も変わることになります。

そのような流れの中では事業計画の見直しを行い、必要資金の検討も改めて行う必要が出てきます。その中でより大きな資金が必要になるということがあれば増資という判断もやむを得ないケースもあるでしょう。株式会社の場合には発行株式の過半数を持っていることで経営の重要な決定権を握ることが出来ます。

これは発行株式の保有比率によって経営権を握ることができるということを意味しています自分と妻で過半数を得ている場合には基本的には全ての決定を行うことができると言うことが出来るのです。

そこでさらなる事業資金が必要であると判断した場合には増資をして事業資金を確保するというのも経営の仕方の一つであると言えるでしょう。この様に事業規模が小さい段階では増資もそれほど大きな問題にはなりませんが、上場する様になると増資は株式の希薄化と呼ばれ嫌気されやすい傾向にあります。そのため何事も得規格的に進めて行く必要があると言えます。

直近の投稿

Copyright© 2015 会社設立を考えてレスポンスの早い起業をする方法とはAll Rights Reserved.